立華桃のビットキャンディ かわいい名前のウラにあるもの

なんでしょうこの、ギャルっぽいオファー。
元ホステスの立華桃さんのビットキャンディは、なんとなく軽い感じの文章が並んでいます。
しかし、システムに関しては、最新AIを使ったものです。
最新技術を使ったものなのに、やっぱり軽すぎます。

いまどきの若者が、いまどきの若者に向けて放たれたビットキャンディについて、おばちゃんが徹底検証しちゃいます。

完全放置のトレーディングシステム ビットキャンディとは

ビットキャンディ、なんて美味しそうな名前でしょう。
美味しそうですが、ビットキャンディは食べられません。
甘いお菓子ではなく、甘い言葉が並んだ情報商材です。

黒にピンクのパッケージで、いまどき女子が好みそうなデザインになっています。
かわいいデザインから、気になっている人もいるのではないでしょうか。

かわいいデザインのウラには何が隠されているのでしょう。

ビットキャンディとは、FXの自動売買システムである、ビットキャンディと、最新AIで感情を分析するシステムのジュエリーがセットになっているものです。

ビットキャンディを使用することで、完全放置で仮想通貨の売買を自動で行うことができます。

仮想通貨の自動売買の欠点である、人の感情に起因した急激な価格の急騰、急落に対応するためジュエリーを使用します。
ジュエリーは最新のAIを使い、人間の感情を分析するのです。

二つを使用することで、自動売買の欠点を補いながら仮想通貨の取引が出来るので、全く欠点がなくなり、完全自動で儲けることが可能となります。

ビットキャンディ 感情AIシステムがすごすぎる

●AIに対する大きな誤解

AIはクイズ番組で優勝し、囲碁の対局でトップ棋士に勝利するなど、すごいと話題です。
いつかはAIが人間にとって変わり、受付や事務の仕事はほとんどAIが行うようになるとも言われています。
そんなAIですが、ものすごいことが出来るというのは、大きな誤解です。

すごいと話題のAIですが、人間と同様の知能をもったAIはありません。
現在のAIは、人間が学習させなければならなく、赤ちゃんや子供と同じ状態といえるのです。
AIは自分で判断して仮想通貨の取引を行うまでの、技術発展はしていません。

●ビットキャンディの感情AIシステムは可能なのか


ビットキャンディの感情システムである、ジュエリーはAIがSNSなどを使ってデータを集めます。
そのデータを分析し、大衆の感情をキャッチし、仮想通貨の値動きを予想するシステムです。
人間が学習させなければいけない状態のAIが、人の感情を分析することなどできません。
現在のAIは、自分の力では動くことが出来ないのです。

仮想通貨が暴落するときは、各国の規制強化やハッキング等が原因です。
各国の規制強化やハッキング等を、価値のある情報として手にいれるなら、起きる前、大衆が知りうる前に情報を手にいれなければなりません。

各国の規制強化やハッキングの情報が出た後に、対象通貨を売りに走ることは、誰もが分かり、簡単に想像できます。
誰でも想像できる内容に、最新のAIを使う必要はありません。

ジュエリーはSNS等を、データの元にするとのことなので、大衆が知る前に情報をえることは、とうてい難しいでしょう。
ジュエリーは本当に、価値のあるものなのかは疑問です。

ビットキャンディ立華桃さんに対する疑惑

●ビットコイントレードは、夜の世界と似ている

ビットキャンディの立華桃さんは、元六本木のホステスだったそうです。

立華桃さんは、夜の商売とビットコインのテレードは似ていると言っています。
どんなところが似ていると、桃さんは話しているのでしょうか?
そしてビットキャンディの立華桃さんとは何者なのか。

少し調べてみました。興味のある方はどうぞ!

立華桃のプロフィールと疑問について

●立華桃さんはホステスだった?
夜の仕事で生き残るためには、どれだけお客さんを楽しませるかが大事です。
お客さんを楽しませるということは、たくさんの知識並びに、情報が必要になります。
華やかな世界とは、想像もつかないような努力が必要なのです。

ナンバーワンホステスは、華やかな外見をしているが、足を必死で動かしている白鳥のようだと言われます。
実力とは自分が何もしなくても手にはいるほど、簡単ではありません。
実力主義であるといいながら、完全自動で自分では努力の必要もない、ビットキャンディを紹介しているのでしょうか。
とても違和感を覚えます。

立華桃さんは、本当にホステスだったのでしょうか。
ホステスであったとしたら、ホステスの大変さを知っているはずです。
そうであるならば、不確かな技術的にありえない、完全自動で儲けるシステムなど紹介するでしょうか。

●実力のあるもののみが生き残る世界
「ビットコイントレードは夜の世界と似ている」
ビットキャンディの提供者である立華桃さんは、こんな風に話しています。
どちらも結果主義であるのが、その理由だそうです。
結果を残したもの=実力のあるものだけが、生き残る世界ということでしょう。

●共感力のアピール

共感力とは、相手に共感する気持ちと、誤解されている部分があります。
しかし、共感力とは本来、「相手にこの人なら分かってくれる」と思わせる力です。
立華桃さんは、この共感力をアピールしています。
ビットコインのトレードと夜の世界が似ていると話すのもそのひとつです。

今いる世界がどれだけ過酷な世界であっても、新しい世界に足を踏み入れるよりは、ましだと思う人は多くいます。
新しい世界で失敗するなら、今の状況の方がまだましと思ってしまい、挑戦することを諦めてしまうのです。

しかし、現在のおかれている環境と、新しい世界が似ていると言われたらどうでしょうか。
言われたことで、新しい世界がぐっと身近に感じるのです。

1.女性たちが好きな言葉を多用
ママともサークル、子育てサークルなど同じ状況・同じ悩みを持った女性たちが集まる会が各地に多くあります。
女性たちは、話をすることでストレスを解消しているともいわれ、集まってお話をすることが好きです。

立華桃さんも例外ではなく、「夜のマネースクール」と題した、サークルを作るのが夢と語っています。
サークルという言葉は女性たちがひかれる言葉なのです。

夜の世界で働く女性は、交際範囲が狭く、同じ世界で働く同士の関係が強くなり、独特の協力関係があるのが特徴と言えます。
他の人たちには、自分のことは分からない、同じ状況・環境の人でなければ、理解することは出来ないとの思いが強いのです。

そんな夜の世界で働く女性たちに向けて、立華桃さんは、仲間を意識させるようなことも話しています。

2.「クリプトエンジェル」を1000人作りたい
クリプトエンジェルとは、資産1億円以上の自由なお金持ちのことをいい、1000人のクリプトエンジェルとこんなことがしたいと、桃さんは話しているのです。

立華桃さんがクリプトエンジェルとしたいこと
みんなと旅行をする
出来ないと思っていたことにチャレンジする
かなえられなかった夢に挑戦する

このように1人ではかなえられないことを、みんなで行いたいといい、仲間が欲しいのだと話しています。
理解し合えるもの同士、同じ元ホステスのコミュニティを作ろうと誘っているのです。

元は同じ境遇だった立華桃さんが、仲間を作り、サークルを作ろうとしている、自分のことを分かってくれると錯覚してしまう人も多いでしょう。
本当に立華桃さんは、理解者なのでしょうか。

立華桃の疑惑

●立華桃さんと唯月りんさん

インターネットで立華桃さんを検索すると、なぜか、唯月りんさんという人が登場するのです。
実はネット上で、立華桃さんと唯月りんさんは、同一人物ではないかとの疑いがあります。

元銀座のホステスだという唯月りんさんは、ロイヤリティ+クリマップという、情報商材を提供しており、この商材がビットキャンディと似ていると言われているのです。

立華桃さんのビットキャンディと、唯月りんさんのロイヤリティ+クリマップは、同じ販売会社です。
株式会社バリューブレインという会社で、結論からはっきり申し上げますと評判は良くありません。

この2つの商材に関しての事実と見解を述べています
↓からどうぞ

立華桃さんと唯月りん
ロイヤリティ+クリマップは、ビットキャンディのオファーと、とても良く似ています。
商材自体も、2つに分かれているところがそっくりです。

ロイヤリティは持っているだけでコインが増えるシステムで、仮想通貨の自動売買システムで、間違いありません。
一方のクリマップは、コイン情報が配信されるだけのものと考えられます。

自動売買システム+情報システムという、全く同じ構成でオファーされているのです。

同じような商品を、同じように販売したところで売れるとはとうてい思えません。
もしかしたら名前だけをすげかえて、販売されたものなのではないかと、疑われてもしょうがないのではないでしょうか。

立華桃さんと唯月りんさんは、2人とも顔出しをしていません。
顔出しをしていないことも、同一人物説に拍車をかけています。

●立華桃さんの正体


立華桃さんの正体は正直なところ、はっきりしたことはわかりません。
「元六本木のホステスで、現在トレーダー」といっているのは、立華桃さん本人です。
いわゆる立華桃さんの、自称ということになります。

真実でなくても言ってしまえば、言ったもの勝ちになります。
自称という言葉を使うのは、本人が言っていることに、第三者の裏付けがとれなかったのです。
自称「元六本木のホステスのトレーダー」、自称とつくとなんとなく、うんくさい感じになりませんか?

ビットコイン自動売買は儲かるの?

仮想通貨の売買のタイミングは非常に難しいものです。
儲けたい感情が強いほど、感情的になり、判断を鈍らせるのでしょう。

取引に関して人の感情が入ることが、FXで負ける原因の1つであると言われています。
ならば、感情のない機械が売買を行えば、問題ないなく儲かると考えるのは、あまりにも浅はかと言えます。

自動売買システムは、はじめに設定が必要です。
その設定に従って、システムは自動売買を行うので、この設定が非常に大事になってきます。

設定を行うのはユーザー自身で、どんなに仮想通貨の取引がベテランであっても、仮想通貨の相場など、そんなに簡単にわかるものではありません。
確実に儲かるように設定することなど、ほとんど出来ないのです。

ビットコインキャンディとの関係は

2018年1月、ビットキャンディによく似た名前の、ビットコインキャンディが誕生しています。
ビットコインキャンディとは、ビットコインキャッシュが、ハードフォークによって分裂した仮想通貨です。

●ハードフォークとは


ビットコインのルールを変える際に旧ルールを無視し、新ルールを新たに適用することで、旧ルールの互換性がなくなることをいいます。
互換性とは、コンピューター同士で、データやソフトの交換ができることをいい、互換性がないとは、それが出来ない状態のことです。

●ビットコインキャンディの特徴と可能性


これから5年~10年後には、量子コンピューターが本格稼働されると言われ、量子コンピューターは、仮想通貨の敵になると言われています。
量子コンピューターがブロックチェーンの仕組みを壊す能力を、持つようになるかも知れません。

量子コンピューターとは、ものすごい早さで素因数分解を行うことが出来るとされ、計算がとても速く、困難な数式も簡単に解くことが可能であるとされています。
そんな量子コンピューターが導入されてしまえば、暗号=計算式でセキュリティーを行っていた、仮想通貨の安全性が脅かされる状況が、訪れるかも知れないのです。

ビットコインキャンディは、量子コンピューターに早くも対応を行うとして話題になりました。
ビットキャンディと、ビットコインキャンディは名前が似ています。
しかし直接関係があるわけではありません。

ビットコインキャンディのこれからの可能性と、話題性にビットキャンディが、乗っかっただけでしょう。

立華桃のビットキャンディ かわいい名前のウラにあるものまとめ

立華桃さんのビットキャンディですが、そのかわいい名前のウラには、大きな嘘がありました。
ビットキャンディは、感情を分析するAIという、技術的にありえないシステムで、儲けると言っているのです。
嘘としか言いようがありません。

若者や夜の世界で働く女性たちに、いかにも共感力があるように近づいています。
そんな演出に、「自分を分かってくれる」なんて思ってはいけません。
本当に相手を理解しようとするなら、嘘偽りない態度である必要があるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする