これが本物の成功者!!中島薫とマライアキャリーに接点が!?

成功者の生活は、一般の人からは考えられないようなことが非常に多いです。

誰もが憧れる家、車、海外旅行。

美人な奥さんや大勢の仲間たち。

そういったプライベートに、夢を見る若者も多いはずです。

成功者の一人でもある中島薫さん。

中島薫さんは、アムウェイで圧倒的な結果を出し続けている方です。
日本のアムウェイは、ネットワークビジネスとして最も長い歴史を持っていますが、そんなアムウェイの9割は中島薫さんから派生したグループと言われています。

ネットワークビジネスは、チームが大きくなればなるほど、大きな収益を上げることができます。

そのため、多くのチームを作り、多くの売上を作った人には、タイトルと呼ばれる称号が与えられます。

実は、アムウェイは中島薫さんの為だけに新しいタイトルを用意したようです。

そんな中島薫さんは、様々な伝説を残しており、実はマライアキャリーとも関係があるということです。

今回は、そんな中島薫さんとマライアキャリーとの接点についてお話ししたいと思います。

1.アムウェイで有名な中島薫さんとマライアキャリーの接点

さて、早速ではありますが、中島薫さんとマライアキャリーとの接点について見ていこうと思います。

1-1.マライアキャリーとは?

マライアキャリーは、 1970年3月27日生まれの現在48歳になるアメリカのシンガーソングライターです。

世界的にも有名な歌手でありながら、女優や音楽プロデューサーなどもこなすすごい人物です。

彼女の出した18曲の全米No.1シングルは、ビートルズに次ぐ歴代2位であり、女性では1位に輝く実績を持っています。

それ以外にも音楽家としての受賞歴や女優としての受賞歴など、どれも素晴らしい功績です。

1-2.還暦祝いにコンサート

そんな世界的にも有名な歌手と、中島薫さんがネット上で話題になっているのは、中島薫さんの還暦祝いにマライアキャリーがコンサートをしたということです。

その内容は、ローリングストーンという雑誌に掲載されており、マライアキャリーとのツーショットが載せられています。

マライアキャリーが個人のためにコンサートを開くのは初めてのことのようで、後述しますが、相当の費用がかかっているようです。

また、マライアキャリーは中島薫さんのためだけのバースデーソングを披露するなど、非常に大きな話題になっていました。

1-3.ネットワークビジネスでは当たり前なのか?

このような誕生日会なんて、自分自身が芸能人でもない限りあり得ないと感じてしまうでしょう。

一般の人からすると、
「誕生日をそんな大げさに・・・」
と考えてしまうかもしれませんね。

しかし、中島薫さんのアムウェイでの年収は10億円以上とも言われています。
それだけお金があれば、こういった誕生日会を開くのも、そんなに大変じゃないのかもしれませんね。

実は、ネットワークビジネスの業界では、こういった著名人にイベントに出てもらうというのは、少なくありません。

マライアキャリーほどのビッグネームは、私も初めて聞きましたが、私の知り合いでネットワークビジネスで数千人規模のチームを持っている人は、誕生日イベントとしてクラブを貸し切り、芸人さんや歌手を招いたイベントをしていることが多々あるといいます。

実際にその人から聞いた話では、もちろん自分自身が楽しいからそういったイベントを開いているという理由もありますが、もっと大きな意味として

「こうなりたいと思わせる経営者を演じる」

ということが挙げられるのだといいます。

ネットワークビジネスでは、一人一人がユーザーであり、経営者である必要があります。

商品を販売するだけの販売員では、絶対に長期的に収入を得ることはできません。

必要なのは、単に商品を購入してくれる人ではなく、商品を購入しつつ、商品を販売してくれるチームなのだといいます。

しかし、経営者を育てるというのはそんなに簡単なことではありません。

一人一人としっかりと向き合うだけの時間もないですし、(実際に数千人と話そうと思うと、1人1回1時間でも数年かかってしまう)その中で経営者としての能力を付けたり、モチベーションを保ったりするのは非常に難しいです。

だからこそ、下の人が自分から積極的に動くための環境づくりをするのも上の役割です。

その方法の一つとして、理想の経営者像であり続けるという手段をとっているといいます。

商品が良いというのは大前提ですが、ただ商品が良いだけでは、
「良いユーザー」
にはなっても
「良い経営者」
にはならない。

だからこそ、自分もああなりたいと思わせる経営者を自分が演じることもネットワークビジネスをする上では重要だといいます。

そのための手段として誕生会などを盛大に行うと言っていました。

もしかしたら、中島薫さんもそういった意図があって還暦祝いにマライアキャリーを呼んだのかもしれませんね。

きっとそのライブに参加したネットワークビジネスをやっている人は、
「自分も誕生日パーティーに自分の好きな芸能人や歌手に祝われたい」
と感じたのではないでしょうか?

そう思って明日からもビジネスを頑張ろうと思わせることができれば、リーダーとしても成功したと言っていいでしょう。

2.中島薫さんがマライアキャリーを呼ぶのに出した費用

気になるのは、マライアキャリーほどの世界的な歌手を呼ぶのには、いくらのお金が必要なのかということではないでしょうか?

大学でちょっとした芸人さんを呼ぶのとはわけが違います。

その額なんと

「22億円」

だそうです。

いくら年収が10億円あるからと言っても、22億円というのは規格外の金額ですよね?

一般のサラリーマンの生涯賃金が2億円~3億円程度と言われていますから、10人近くが生涯働いて得られるかどうかの金額を1回のコンサートのために使ったということになります。

すごく豪快なお金の使い方ですよね?

これだけの使い方をしていれば、雑誌に掲載されても当然のことなのかもしれません。

2-1.それも一つのブランディング

一般の人からすると、
「私利私欲のためにお金を使う典型的なお金持ち」
という印象を持つ人もいるでしょう。

しかし、こういった使い方も一つの投資方法でもあるのです。

前述したように、参加した他のアムウェイメンバーのモチベーションアップやリスペクトといったこともメリットではありますが、雑誌に掲載されることによる
「ブランディング」
も一つのメリットでしょう。

ネットワークビジネスのことを知らない人からすると、中島薫さんがどんな人なのかということは知らないでしょう。

しかし、一般の人も読むような雑誌に掲載されることで、初めて見た人は、

「この人は成功者なんだ」

という印象を持つことでしょう。

少なくともこういった雑誌などに載るということは、ネットワークビジネス自体が怪しいものでもなければ、違法なものでもないというPRになります。

実際、アムウェイの勧誘をしている人で、この雑誌を常に持ち歩いている人にあったことがあります。

このように、業界全体のイメージを変えようとしての活動なのかもしれませんね。

3.中島薫さんはどうやってマライアキャリーと知り合ったの?

では、中島薫さんはもともとマライアキャリーさんと知り合いだったのでしょうか?

実は、このあたりの情報は公開されておりません。

ただし、元々中島薫さん自身が歌手として活動していたり、自宅がドラマで使われたりという風に、日本の芸能界との接点が非常に深い人です。

さらに、22億円という費用でマライアキャリーに依頼していることを考えると、元々知り合いではなかったものの、芸能界のコネを使って依頼したというのが現実味があるのではないでしょうか?

もしも旧知の中であれば、こんなに高額な費用にはならないでしょうから。

4.中島薫さんのマライアキャリー以外の有名人との接点

元々の知り合いかどうかは別にしても、マライアキャリーを呼べるだけの人脈力があるというのは、非常にすごいことですよね?

ビジネスには人脈が大切だなんて言いますが、中島薫さんほど世界的に顔の利く人も珍しいのではないでしょうか?

そんな中島薫さんは、マライアキャリー以外にもたくさんの有名人との接点があるようです。

当然のことですが、アムウェイの製品を使っている人であれば、会員の9割が中島薫さんの派生グループに属していることを考えると、接点があると言っても過言ではないでしょう。

芸能界で、アムウェイを使っていると言われている人たちには次のよう方々がいます。

● タモリ
● 木村拓哉
● 中居正広
● 観月ありさ
● 山口達也
● 岡田美里
● 藤原紀香
● 安室奈美恵
● 三浦友和(サッカー選手)
● 竹野内豊
● ジミー大西
● 中澤裕子
● 木梨憲武
● 池谷幸雄
● 林立夫
● GACKT
● 浜崎あゆみ
● 仲間由紀恵
● 稲垣吾郎
● 森口博子
● 岡崎慎司(サッカー選手)
● エグザイルATSUSHI
● 庄野真代
● 松本潤
● 松任谷由実

日本のビッグネームが並びますが、このような方々とは少なからず接点があることでしょう。

また、自宅をドラマで使われるということですから、プロデューサー関連などテレビ局の人とも多く接点があるでしょう。

まさに憧れの経営者と言わんばかりの人脈ですよね?

中島薫さんとマライアキャリー・まとめ

今回は、中島薫さんとマライアキャリーとの関係性についてお話してきました。

一般人の考え方では、ありえない還暦祝いですが、あなた自身が一経営者として成功することができれば、中島薫さんのような体験が可能かもしれません。

こういった価値観そのものが、成功者のものであるなら、その全てを学べるように情報を追いかけていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする