「登竜門ビジネスは明らかにおかしい!その内容や杉山という人物について」

インターネットを経由して勧誘を受ける情報商材やネットビジネスなどは、これまでも数多くありましたが、最近ではYouTubeやLINEといったネットサービスにおいてもこれらの勧誘を受けるようになってきました。

これらのビジネスに参入する者は多く、中には悪質な業者の被害を受けてしまう人もいるでしょう。被害を防ぐには、ネットビジネスや情報商材に手を出さないと決めてしまうか、どんな勧誘を受けても冷静な判断ができるようにならないといけません。

「そんなうまい話があるわけないじゃないか」と一蹴してもいいですし、「この部分の説明には矛盾が生じているので怪しい」と論理的に批判してもいいでしょう。
今回は「登竜門ビジネス」を紹介していきます。杉山登が主催していますが、内容を見ながら、怪しい点や疑わしい点を詳しく見ていきましょう。

~登竜門ビジネスの内容について~

まずは、「登竜門ビジネス」の詳しい内容を解説していきます。ネットビジネスや情報商材は玉石混交の世界でもありますので、やはり内容を詳しく知らないことには正確な判断をすることはできません。
内容としては、
「LINEを使用するということ」
「ワンタップで数万円稼ぐことができること」
「リスクなしで平均月収200万円稼月こと」

などが書いてあります。
もしこの内容が本当ならば、誰だって金持ちになれてしまいますね。
しかし、普通に考えれば、そのようなうまい話があるはずないと思ってしまいます。では、どのような仕組みによってお金を稼いでいるのでしょうか。
説明によると、これは「社会貢献型」の新ビジネスらしいです。参加者もお金を稼げるし、貧困地域に住んでいる人に社会貢献・人道支援を行うことができるという趣旨でした。何だか上辺だけ良さそうな言葉が並んでいる感じがして、さっそく疑わしいのですが、さらに深堀りしていきましょう。

登竜門ビジネスでは、LINEのコミュニティに加わり、ワンタップをすることによって主催の杉山氏の資産が運用されます。これによる利益が参加者や貧困地域に分配される仕組みだそうです。これを読んで疑問が残るのは、果たして参加者が必要なのかということです。杉山氏が自分一人でやればいいのではと思ってしまうのですが、そこは一旦置いておきましょう。
ここまでの内容を簡単にまとめると、「LINEで簡単に稼げる」「稼ぎの一部を社会貢献に使える」「仕組みは個人の資産運用」といった感じになります。
ネットビジネスに社会的な意義を何となくくっつけた感じの印象を受けてしまいます。
ここまで読んで、皆さんは「登竜門ビジネス」にどのような印象を受けましたか。

~登竜門ビジネスの杉山とは何者か?~

登竜門ビジネスを主宰している杉山登と名乗る人物について詳しく見ていきましょう。
「登竜門ビジネス」を紹介しているインタビュー動画では、杉山氏が甚平を着て、質問に答えている様子が映し出されています。その動画の中では、杉山氏が元々世界トップクラスの知名度を誇る外資系金融会社に勤めていたことや、ビジネスの詳しい内容に関する触れられていました。
金融のプロとしての知識と、世界を飛び回る中で得た経験を組み合わせて生まれた新ビジネスを元に活動している実業家というプロフィールでした。
ネットビジネスや情報商材の勧誘の場合、ビジネスの内容よりも発信している人物の経歴などから説得力を感じる人が多いこともあるので、杉山氏の元金融機関勤務というのは、稼ぎの本旨である、「杉山氏の資産を運用する」という点において、説得力を持たせる効果を持っていますね。

この人どのような経緯で社会貢献とネットビジネスを組み合わせるに至ったのかは不明ですが、YouTubeなどにインタビュー動画が上がっていたことを考えると、思い切ったことをするなと思います。
ちなみに会社名は「合同会社Y’sWorks」という会社ですが、この会社名で調べても全く情報は出てきません。公式サイトのURLも不明なため実態がつかめないといえるでしょう。
ここまでが杉山氏という人物についての情報です。内容についてはあまり褒められたものとはいえないです。

~登竜門ビジネスの疑わしい点~

もし「登竜門ビジネス」が本当に簡単に稼げて、社会貢献もできる新ビジネスならば、主催の杉山氏は天才投資家かつ恵まれない人を助けるスーパーヒーローということになります。
それに加えて、参加する人も儲かるのですから、関わった全ての人がハッピーになるといえますね。
あまりに簡単に稼げてしまうあまり、その利益を世界中の人に配ってあげようという殊勝な心持の人物かもしれません。
もちろんこれは可能な限り善意の眼差しで見たときの解釈になります。
正直なところ、これには疑わしい点しか感じさせないものであるということができます。
ここでは、「登竜門ビジネス」の疑わしい点について詳しくまとめます。

①目的と内容が繋がらない

説明の中で語られる登竜門ビジネスの目的としては、第一に社会貢献、第二に参加者がお金を稼ぐというものでした。この2つの目的を実現する内容として、杉山氏の資産を運用するとのことですが、どうも違和感があります。
まず、社会貢献をしたいのであれば、とにかく参加者を集めることが必要だと考えられます。募金でも何でも参加者が多い社会貢献事業はより大規模な効果を生むことができるからです。

しかし、登竜門ビジネスはLINEでの参加に限っています。公式ホームページを探しても見つかりませんし、非常に限定的な情報発信しかなされていないと考えられます。
本当に社会貢献がしたいのであれば、もっと人を集めるために積極的な情報発信をしてもいいものだと考えられますが、そういった手段を講じていないということにおかしさを感じます。もしかしたら、参加者がそこまでいなくても成立する手法なのかもしれません。
そうであれば、どうして参加者を集める必要性があるのでしょうか。杉山氏が一人で勝手にやっていればいいだけの話なのではないでしょうか。

②非現実的な稼ぎの手法

登竜門ビジネスでは、セールスレターに「LINEを1日1タップするだけで数万円稼げる」「月収200万円!」と解釈できるような内容が記載されています。この時点で、非現実的であることが伺えます。
そして、その手法として、杉山氏の資産を金融会社に運用してもらうという内容だったのですが、であればなぜ私たちが参加する必要があるのでしょうか。

先ほども書きましたが、杉山氏が一人でやっていれば済む話に、ただ闇雲に巻き込まれているだけのような感じがしています。また、確実に稼ぐことができるとはいっても、資産運用はノーリスクではありません。
であるにも関わらず、確実に稼げると宣言している部分に疑問を感じざるを得ません。

無理やりな感動商法

登竜門ビジネスが、他のネットビジネスと差別化できている点として、「社会貢献事業を行っている?」というものがあります。真偽のほどは明らかではないですが、その点についてもやはり疑わしいですね。
この社会貢献という言葉、確かに書いてあるだけでポジティブな印象を与えてしまうマジックワードでもありますが、あまりに使い方が雑すぎて無理矢理感が否めません。
LINEをタップすると杉山氏の資産が運用されて、利益の一部が社会貢献に使われる・・・。
1つ1つに繋がりも感じられませんし、見方によっては人を安易に信用させるために、社会貢献という言葉を使っていると感じられてしまいます。
「社会貢献になるなら…」と人は割と行動をしてしまうものです。それがいい効果を生むこともあるのですが、こういった怪しいビジネスにまで使われてしまうと、世の中に悪影響しかうまないでしょう。

~登竜門ビジネスによる被害にはどんな事例があるのか~

登竜門ビジネスについて詳しい内容や疑わしい点についてまとめていきました。ここまで読んで、納得できる材料が1つもないという感じになっています。ここまでお粗末な内容のネットビジネスは中々ないのではないでしょうか。
部分的な内容があまりに雑になっているので、そのような印象を感じさせてしまいます。しかし、中には、「ノーリスクで稼げる」「ワンタップで稼げる」なんて内容に引っかかってしまう人もいます。

大抵のネットビジネスの場合、最初は無料で情報提供やノウハウを教えるのですが、途中から高額の商品を勧誘してくるという流れに発展します。「誰が買うんだ!」と思ってしまいますが、一歩でもこういったビジネスに足を踏み入れてしまうような人が高額商品を買ってしまう可能性が0ではないといえます。
調べていく中で、登竜門ビジネスの被害に遭われた方の情報は見つかりませんでした。潜在的な被害者はいるかもしれませんが、あまりにツッコミどころの多い内容なので、さすがに引っかかる人は少ないのかなと思われます。

ただ注意が必要なのは、登竜門ビジネスもやがて高額の商品を購入させる流れに持って行く類のネットビジネスであることはわかりました。「登竜門ビジネス」の派生で「登竜門NEXT」というものがあります。
登竜門ビジネスでは、LINEをタップするだけでノーリスクで稼げるという謳い文句でしたが、登竜門NEXTでは、参加者に参加費を支払わせる内容となっています。
金額は「ベーシックコース10万」「ドラゴンコース35万」「プラチナコース50万」となっています。
「やっと本性を現したな…!」と感じた人も多いと思いますが、登竜門ビジネスは他のネットビジネスと同様に、最終的に高額な商品を販売することを目的としているようです。
内容があまりにお粗末なので、引っかかる人はそうそういないと思いますが、甘い言葉に騙されて大金を失うことの内容に気を付けたいものです。

~このようなビジネスに引っかかりやすい人の特徴は?~

登竜門ビジネスは調べれば調べるほど怪しい内容であることは一目瞭然でした。ネットビジネスや情報商材には、このように明らかに疑わしいものもありますし、よく内容を読まないと思わず信じてしまうような説得力のあるものもあります。
このようなビジネスには、悪質な物が多く、結局は予定通り稼ぐことができずに、多額のお金を支払ってしまうという被害に繋がってしまいます。

普通であれば、このようなビジネスを相手にすることはないと思うのですが、それでも引っかかってしまう人には共通する特徴があると言えます。
1.まずは、「楽してお金を稼ぎたいと考える人」です。確かに効率的なシステムや新技術によって楽に稼ぐことは可能です。しかし、そのような方法を簡単に見つけることは困難です。
それを理解せずに飛びついてしまうような人が悪質な業者の獲物として狙われています。

2.もう1つは「文章をよく読まない人」であるといえます。登竜門ビジネスもそうですが、詳しく読めば「そんなわけない!」と気がつくはずです。
しかし、「簡単に稼げる」「ノーリスクで数万円」の部分しか読まないような人は、思わず首を突っ込んでしまう可能性があります。
このような特徴を持っている人は、騙される可能性があるので注意してください。

~登竜門ビジネスを踏み台にしたネットビジネスの伝にも注意しましょう~

登竜門ビジネスは内容があまりにお粗末だったので、検索してもわかるように批判的な内容の記事が多いです。ただ、そういった記事を読むときに注意したいのが、登竜門ビジネスを踏み台にしたネットビジネスの勧誘です。
登竜門ビジネスがあまりに怪しいものだから、記事を読んだ後に「ウチのところは確実に稼げます」と書かれると、思わずマシに見えてしまいます。調べてみるとこういった記事は意外に多く見られます。しかし、結局のところは同じ穴の狢といえるので、登竜門ビジネスを批判したうえで他のネットビジネスに勧誘するような記事には注意してください。

~まとめ~

登竜門ビジネスに引っかかるという人はあまりいないと考えられます。ただ、ネットビジネスや情報商材には、もっと巧妙な宣伝文句で思わず信用してしまいそうなものもあります。そういったビジネスの被害に遭わないように注意しなければいけません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする